座るとお尻が痛くなるのは坐骨神経痛の場合があります。

原因と予防、その他の原因

下半身にしびれが出ることも。

坐骨神経痛とは、腰から下肢にかけての痛みやしびれの総称です。
お尻から尾てい骨にかけて痛みが出たり、お尻から下肢にかけてしびれが出たりするのが特徴です。
神経が圧迫されてその神経が刺激されることによって痛みやしびれが発生すると考えられています。

『坐骨神経痛の特徴』

・朝起きる時、お尻や太ももなどに痛みやしびれがある。
・椅子に座ると痛みやしびれがでる。
・足がよくつる。
・体をひねったり腰を曲げると痛みやしびれがつよくなる。
など。

『ストレッチや血行改善、筋肉を緩めるなど』

坐骨神経痛の原因とされる病気は、
・『腰椎椎間板ヘルニア』
・『腰椎滑り症』
・『脊柱管狭窄症』
・『腰椎分離症』
などがあります。

なかなか整形外科を受診しても坐骨神経痛の原因の特定できることは少ないみたいです。
来ていただいている方のお話だと、薬の処方や注射をすすめられているみたいです。

坐骨神経痛は、まず原因となっている筋肉を緩め神経の圧迫をやわらげ、血行改善することを目的で施術をしていきます。
歪みなどが強い場合は、その歪みを調整して神経が過剰に圧迫されないように筋肉を緩めることで血行改善や神経の圧迫を緩めていきます。
自宅で出来る簡単ストレッチなども有効です。
ただし、自己流ですと反対に痛めてしまうこともありますので、専門家に一度見てもらうことをオススメします。
歪みを調整して筋肉を緩め、血行改善していくことがしびれや痛みの緩和に有効です。

powered by crayon(クレヨン)